アウトバウンドCTI機能:プレディクティブコール・プレビューコール

BlueBeanのアウトバウンド機能:プレディクティブ・プレビュー発信機能

■特徴

BlueBean(ブルービーン)の発信機能は、システムが自動で発信するプレディクティブコール(オートコール、予測発信)、オペレーターが画面上で顧客情報を確認しながら1件ずつ発信するプレビューコール(クリックコール)に対応しています。

 

プレディクティブコールとは、システムに登録されたリストへ同時に複数回線発信し、応答があったコールのみオペレーターへ接続する機能です。また、応答がなかった顧客には自動的に複数回発信を行うので、非常に効率的なアウトバウンド業務が可能です。オペレーターは会話だけに集中出来るので、通話効率が向上します。この機能はオートコール、予測発信と呼ばれる場合も多いです。

 

プレビューコールとは、オペレーターが事前に顧客情報を把握した上でクリックして発信する機能です。顧客に合わせた対応をすることができます。

 

■仕様

  • プレディクティブコール(オートコール、予測発信)
  • プレビューコール(クリックコール)
  • 発信倍率の指定が可能(最大9.9倍まで)
  • オペレータースキルを考慮した発信が可能
  • 管理者によるプレディクティブコールとプレビューコールの切替が可能
  • 複数業務に対応可能
  • 複数回線に対応可能
  • 架電禁止リスト(NGリスト)設定可能
  • 不応答、会話中の自動検出に対応

 

■活用方法

  • 顧客リストをもとにテレマーケティング
  • 既存顧客へのフォローコール
  • 不特定多数の顧客にアポイント業務
  • 応答率の低いリストへ効率的に架電

お問い合わせ

お問い合わせ

主要機能一覧

ニュースリリース一覧